海外からいろいろ届いたよ

2022年8月13日
This post thumbnail

ミミィ

ちょっとRP2040マイクロコントローラユニット (MCU) を色々買ってみたワ!
RP2040 はラズベリーパイ財団が開発したマイクロコントローラで、Raspberry Pi Pico に搭載されているものヨ!

マイクロコントローラとは、CPU(Central Processing Unit:中央処理装置)とメモリ等の周辺機能が1チップに集積された半導体の一つです。日本では、「マイコン」と呼ばれることもありますが、海外では通じない事が多いです。CPUは、ソフトウェアによるプログラムに従い演算や制御を行います。そのためにプログラムを格納するROMや演算データを一時記憶するRAMなどのメモリが周辺機能として内蔵されることが多く、その他にタイマやADコンバータと呼ばれる様々な機能も追加され現在では家電やOA機器、車載など多くのアプリケーションに採用されています。マイクロコントローラ(MCU)とは? - エプソン

NoMCUフラッシュピン数外寸1USB価格
1Raspberry Pi Pico 2MB20x2+351×21mmmicro527円2
2Raspberry Pi Pico W2MB20x2+351×21mmmicro810円2
3Waveshare RP2040-Zero 2MB9x2+523.5x18mmType-C517円3
4PIMORONI Tiny 2040 8MB48x2+321x18mmType-C1,134円2
5RP2040 Black Board New Type4MB520x2+453x23mmType-C405円3

1. 基盤部のみの大きさ
2. PIMORONIの日本円表示価格 (送料別 - 小物なので800円くらい)
3. AliExpressの価格 (送料込・当方購入時の最低価格)
4. 2MB版もある
5. 16M版もある (700円くらい)

タマちー

1,2 はオリジナル、4 はイギリスの有名ベンダーの製品、3,5 は中華製なの・・・

中華製品は基盤の仕上げとか動作のクセとか、些細なところで大きなストレスを与えてくるのよネ! 本質と違うところで苦労したくなければ中華は避けるべきヨ!

ヘンなモジュールで安く遊びたい変態さんには中華製超オススメ・・・

アンタ・・・

ただ、オリジナルの Pico に全く問題がないのかというとそうでもなく、例えばリセットボタンがない、基盤の上面にピン番号が印刷されていない、USB 端子形状が micro USB であるなど、使い勝手の悪い部分があります。まあこの辺りは Raspberry Pi コンピュータも同様なので、そういう思想なのでしょう。
そういうわけで、現在当方では小さいサイズに Tiny 2040 、普通サイズに RP2040 Black Board New Type を使用中。どちらも、リセットボタン、ピン番号のシルク印刷、USB Type-C、大容量のフラッシュメモリ、フルカラーLED搭載。加えて後者は送込み400円のお陰で、やらかしてしまっても怖くないのがイイ。

おや、「ゲーム電卓パイ」のページに・・・?